ウィルキンソン・タンサンの創業者クリフォード・ウィルキンソンが建設、開業したタンサン・ホテルは、どこにあったのでしょうか。明確な資料はありません。しかし、書誌、写真から下記の場所、建物と断定することができました。

「宝塚温泉の今昔」の記載内容
 昭和14年6月に発行された「宝塚温泉の今昔」(著作:牧田安氾、発行:河津積善)に「而して同(明治)二十五年頃には、傍ら炭酸ホテルと名づける欧風建築をなし、現在の分銅家の上部に異彩を添え、頻りに外人を招いて、我が寶塚発展の為、大いに尽くす処があった。」とタンサンホテルは分銅家の上にあったと記載されています。

「寳塚案内誌」の地図
 下の地図は、大正2年3月に発行された「寳塚案内誌」(藤井忠徳著・発行)に記載されている宝塚温泉の旅館案内地図です。上部中央の分銅や(分銅屋旅館)の上に「ホテル」と記入されています。ホテルとは、「タンサン・ホテル」に違いありません。
       タンサンホテル 地図
 









「宝塚青年会相撲大会の番組」の記載
 下は、昭和7年5月5日に開催された宝塚青年会相撲大会の番組ですが、「場所 分銅家上空地(元ホテル跡)」と記載されています。上の地図と合致します。

       相撲大会会場(ホテル跡)

これが、タンサン・ホテルだ。

「明治20年代後半の写真」におけるタンサン・ホテル
タンサンホテル 想定建物写真上記の資料に基づき、左は「明治20年後半の宝塚全景」の写真の一部ですが、宝塚旧温泉の上部が分銅家旅館で、その上の建物がタンサン・ホテルと断定することができました。
 この写真を見ると、建物が洋風建築であることが分かります。

     (拡大写真)    タンサンホテル 想定建物写真拡大