近代宝塚歴史紀行

カテゴリ: 宝塚風景

 毎年8月1日、2日の両日宝塚大橋と宝来橋間の武庫川畔で開催されている花火大会は大正2年から続いている歴史日本有数の歴史ある花火大会です。但し、戦前の昭和15年から戦後23年までは中止されていたそうです。
 花火大会の名称は、当初は「宝塚花火大会」でしたが、昭和37年に「宝塚豪華花火大会」になり、この名称は平成6年まで続きましたが、阪神・淡路大震災の起きた平成7年の花火大会から「宝塚観光花火大会」に改称しました。


現宝塚花火大会平成5年頃宝塚花火大会











  (新温泉納涼台)                                       
新温泉納涼台花火大会は箕面有馬電気軌道が明治44年に開業した新温泉の集客策の一環で開催したと思われます。花火は新温泉の納涼台の前面の川中から打ち上げられました。
昭和31年頃花火大会






  (昭和6年8月14日・15日開催宝塚花火大会プログラム)                  
昭和6年花火大会プログラム1昭和6年花火大会プログラム2表紙には、下記の通り記載。
「八月十四日・十五日両夕(雨天順延・仕掛花火は八時より)
 

 豪華艶麗断然他の追従を許さぬ
 寳塚名物 寳塚花火大会

大阪、阿波、伏見各地競演逸品揃い
堂々二百間に亘る空前の大仕掛花火特設
 於寳塚新温泉裏手武庫川原
 打上花火数百発 花火終了後電車増発運転」



宝塚花火師(花火師村松栄の談話)  「たからづか物語より」
 宝塚はほんとに花火師泣かせのところなんです。
武庫川畔両岸に建物が迫っているので、花火師には宝塚花火大会はご苦労があるそうです。
「武庫川畔には旅館や大劇場の建物があったりして、打ち上げる範囲が狭すぎるんですね。宝塚では、3号玉(直径9センチ)という大きさのものをあげているんですけど、花火の種類の中では随分小さい方なんです。玉が小さくなればなるほど中を細工するのが難しいですよね。だから、形物花火とか変わったものはあんまりたくさんは出せない。それに、3号玉でも上空140メートルくらい上がるんで、流れるものや垂れ下がるようなものだと、街ん中へ入ると危険だから使えないでしょう。ともかく、打ち上げる花火自体に制約が随分あってえらいですよ。」


(参考文献) 
 宝塚市大事典  (平成17年 宝塚市発行)
 たからづか物語 (平成6年  宝塚市発行)

 版画家の川西英(1894~1974)は、日本ばかりでなく海外の多くの有名美術館にもその作品が所蔵されるなど、内外でも広く知られた版画家です。
 代表作品の「神戸百景」や「兵庫百景」により”神戸風景の川西”と異名されるほどでしたが、宝塚を題材にした版画も制作しました。昭和30年頃の作品と思われます。

川西英 宝塚大劇場
武庫川右岸から見た宝塚新温泉全景





         
                                                          川西英 遊園地

宝塚動物園





川西英 遊園地正門
宝塚新温泉正面入口。






川西英 植物園
植物園の池と正面には熱帯植物大温室





川西英 表紙
 絵葉書のタトウ袋
宝塚歌劇の一場面













(川西英の神戸の作品)

川西英の神戸の作品を一部ご紹介します。
kawanishi hide kobe 1

              
             

           
                         
  外国人居留地から港
 

       
  


kawanishi hide kobe 2
「神戸港」
 

 




川西英・神戸大丸
「神戸大丸」






川西英・布引瀧
「布引ノ瀧」






川西英・須磨海水浴

「須磨海水浴」






kawanishi hide kobe 3
 「元町夜雨」
                         
                                                   

   大正4年発行の「摂北温泉誌」に「宝塚八景」が紹介されています。明治時代に宝塚温泉への観光客誘致のために定められたものと思われますが、「宝橋新月(宝来橋)」「面山風巒(宝塚温泉から見た川面の山々)」「荒神秋葉(清荒神)」「塩寺晨鐘(塩尾寺)」「磯西晩渡(伊孑志の渡し)」「小林梅雪(宝梅園)」「甲山過雨(逆瀬川より眺む甲山)」「丁字銀川(丁字ケ滝)」が上げられています。

磯西晩渡この絵葉書の下には、磯西晩渡と記載されていますので、宝塚八景が定められた当時の絵葉書と思われます。渡し船の伝馬船(てんません)が写っています。






伊孑志 渡し
「伊孑志の渡し」の碑が当時の船着場付近の美座に立てられています。その碑に記載されている宝塚市教育委員会の説明によると、大正時代初期まで、伊孑志付近から市立宝塚中学校あたりを結んで、「伊孑志の渡し」と呼ばれる小さな伝馬船による渡し船が運行されてました。この渡し船は大正初期頃まで続いたようです。






(その他の当時の宝塚八景)

     丁字ケ滝           塩尾寺
丁子ノ瀧塩尾寺観音堂

       清荒神                                寶梅園       
清荒神(ウイルキンソン)宝梅梅林より甲山





  










   

このページのトップヘ